スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲

震災を経て

 震災を経て
 ずっと書いてませんでした。
 その間わたしの住んでいる土地は被災しました。
 わたしの家はなんとか津波に遭わずに済みましたが,知人の何人かは実際に家を流され,身内を亡くした人もいました。

 3月の地震,4月の地震で水が止まったり電気が止まったりして,普段当たり前と思っていることがどんなにありがたいかを知りました。家族がそろっていることの幸せを噛みしめました。
 
 実は震災前の2月,実の母を亡くしました。
 母はC型肝炎による肝硬変で,末期と診断されてから2年の間持ちこたえました。
 C型肝炎なんて,母が感染するとすれば考えられるのはわたしを産んだときの輸血ぐらい。そうしたら,わたしにも責任があるのかな…なんて考えたこともあったっけ。

 実家を出て離れた土地で暮らしているわたしは,実際は母の面倒は全部父に任せていました。
 父は娘のわたしに何も心配をかけぬようにとすべて一人で事を進めていました。亡くなったときも,葬儀屋の手配から写真の選定までわたしは何もすることがなかったくらい全て段取りが決められていました。
 末期と診断された母と二人で暮らし,いつ何が起こってもいいようにひっそりと覚悟を決めていた父の,その気丈さ。それを考えると何もしていなかったわたしのなんとふがいないこと…。

 母が亡くなり,葬儀を終え,初七日まで父と一緒に過ごしました。二人で生活するなんて,初めてのことでした。
 父は毎晩大好きなお酒を飲みながら,色々なことをわたしに話してくれました。母と結婚したいきさつや,父の実家のこと,ほんとにいろいろ話してくれました。
 親不孝な娘なのに,いつもわたしのことを大事に思っていてくれた父。その父が一人になってしまいました。
 妹家族は父のやや近くに住んでいるものの,父は母のいなくなった家で一人で暮らしていくのです。
 やっぱりなにもできないわたし。

 せめてこれからは毎日電話をして少しずつでも話をしようかと心に思った日々でした。


 震災を経て考えると,母がもし命を永らえていたとしたら,もっと大変だったのかもしれないと思います。
 父は以前に胃の全摘手術を受けていて,大分回復はしたものの体力はかなり弱い方で,体重も40キロ程度しかありません。母はそれよりも10キロ以上重かったのです。もし家で二人きりで震災を迎えていたとしたら,おびえる母を父一人ではどうしようもなかったことでしょう。もし入院中であっても,きっと大変だったと思います。

 父は震災の日はびっくりしてしばらくは車の中に避難していたそうです。母がいたとしたら…どうなっていたかわかりません。


 

category : 日記 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

ゴスペラーズのライブ

 
 久々の記事です。
 記事を書かなかったこの期間,いろいろありました。

 なぜかわからないけれど,クリック一つで入れるようにしていたはずの管理者ページに入れなくなっていました。パスワードとかを要求され,入れてみたものの,「違う」とはじかれて…
(実はこのブログを開設するときは夫に作ってもらってたのです)

 でも,今日再度挑戦してみたら何事もなくはいれました。

 何だったんだろう……

 
 さて,今回のゴスペラーズのツアー,わたしの町に初めてやってきました!!

 もうこれは行くしかないでしょう!!

 アルバム「二枚目」からリアルタイムでゴスペラーズを応援してきたわたしですが,ファンクラブには入っていません。チャンスを失ってしまったのです。ブレイクしたあとでは,なんか変な感じもして……

 で,一般の方法でチケットを手に入れるしかありません。
 幸い,会場となるホールのチケットセンターで予約ができることがわかりました。

 よし,その時間にパソコンの前で構えてるぞ〜!!…と気負っていた,それなのに………

 その日その時間,絶対抜けられない仕事があることに気づいたのです。そしたら,息子が「俺が代わりにやってやるよ」と言ってくれたではありませんか!!
 チケットセンターでの予約をしたことのない息子にちゃんと練習してから臨むようにと念を押し,当日は起きていることを確認するために電話をし,万全の態勢をとりました。

 そして,息子は前から8列目の席を2枚ゲットしてくれました!!!!!!おまけにチケットは数分で売り切れたとか。息子よ,偉い!!!!!!!!!
 さあ,やはりゴスファンの(わたしが仕込んだようなものだけれど)娘と行ってくるぞ〜!


 ところが………

 秋に義父が亡くなり,なんとライブ当日に法事が重なってしまいました。

 嫁であるわたしは家を離れるわけにはいきません。料理を作ってお客を迎え,後片付けまで考えると夜までしっかりかかるのです。義父はわたしや家族によくしてくれました。選択の余地はありません。

 娘は何とか行けることになり,仲よしの友達を誘って行きました。
 因みに7列目まではファンクラブの席だったようです。

 義父はもういない。でも,ゴスはこれからいくらでもチャンスがある。

 夫はこんな田舎でよりも東京のライブに行けばいいよ,と言ってくれました。
 それならわたしの大好きなS市に行ってこようかな

category : - | comments(6) | trackbacks(1)
ページトップ▲
Page: 3/95  << >>
音楽日記〜働く主婦の子育て奮闘記サイトトップへ
音楽とのだめDVD
↑ ↑ ↑
のだめの人気を今すぐチェック!!

カテゴリー

最近の記事

RSSリーダーに登録

  • Subscribe with livedoor Reader
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google

リンク集

ブログ内を検索

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

Sponsored Links

Feed

本サイトプライバシーポリシー

無料ブログ作成サービス JUGEM