スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲

日本語は生きている(2)

 前回の続きです。

 今度は,ラ抜き言葉について。
 巷ではこれはごくごくポピュラーな言い方になっています。まだ正式には認められないのですが。

 例えば,「食べられる」と言うところを「食べれる」と言うような言い方。
 これは,「食べられる」ならば受身・尊敬・自発・可能の意味があるのですが,「食べれる」ならば可能の意味しかないのです。

 いつの日にか正式に認められる日が来るのでは,と思ってしまいます。

 わたしもまだ使うことには抵抗があるのですが,たまに口が勝手に言っていることがあって自分で驚いています。

 もっと抵抗があるのは「ならば」を接続詞として使うこと。これは完璧に間違い。
 「ならば」はもともと「〜ならば」のように続けて使うもので,一単語の言葉でもないのです。

 それなのに最近はやたら耳につきます。アナウンサーまで言っているのを聞いたときにはびっくりしました。

 それでも日本語は生きています。大波に突き動かされて,今後どうなるものか,想像しかねるところです。
category : その他 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

スポンサーサイト

category : - | - | -
ページトップ▲
Entry: main  << >>
Comment








Trackback

日本語は生きている(2) | 音楽日記〜働く主婦の子育て奮闘記サイトトップへ
音楽とのだめDVD
↑ ↑ ↑
のだめの人気を今すぐチェック!!

カテゴリー

最近の記事

RSSリーダーに登録

  • Subscribe with livedoor Reader
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google

リンク集

ブログ内を検索

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

Sponsored Links

Feed

本サイトプライバシーポリシー

無料ブログ作成サービス JUGEM