スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲

フォルクローレの世界

 わたしがフォルクローレの世界に初めて触れたきっかけは,高校生のときでした。

 エクアドルのロハ芸術音楽大学の学生さんたちが野口英世生誕100年のときに来日しました。
 そのときわたしは高校生で,吹奏学部に所属していたので,そんな関係で彼らのコンサートに行ってました。

 そのとき,「花祭り」や「コンドルは飛んでいく」などのフォルクローレの諸作品や,ケーナやチャランゴといった楽器に触れました。

 そのコンサートに触発されて,楽器店からケーナを購入して,吹いてみたりしました。

 ケーナは音程が難しく,それを調整するために管のいちばん下のところに紙を貼って息の出口を細くしてみたり。

 大学の頃だったか,大学を出てからか,福島県川俣町のフォルクローレの祭典,コスキン・エン・ハポンにも足を向けたこともあります。

 この頃はもう規模が大きくなって,知名度も高かったようです。
 ステージの発表のうちいくつかの団体を聴いただけでしたが。

 フォルクローレは,「血が騒ぐ」音がします。
 太鼓・ボンボの腹の底に響くような響き,尺八に似たケーナの甲高い音,サンポーニャ(パンフルート)の枯れた響き,チャランゴ(小型のギターに似たもの)の郷愁あふれる和音…それらが組み合わさったときのなんともいえない懐かしさ。

 なかなか普段の生活では触れることのできない音楽ですが,いいですよ。
category : その他 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

スポンサーサイト

category : - | - | -
ページトップ▲
Entry: main  << >>
Comment








Trackback

フォルクローレの世界 | 音楽日記〜働く主婦の子育て奮闘記サイトトップへ
音楽とのだめDVD
↑ ↑ ↑
のだめの人気を今すぐチェック!!

カテゴリー

最近の記事

RSSリーダーに登録

  • Subscribe with livedoor Reader
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google

リンク集

ブログ内を検索

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

Sponsored Links

Feed

本サイトプライバシーポリシー

無料ブログ作成サービス JUGEM