スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲

アマデウス

 20年ほど前に,映画「アマデウス」を見に行きました。
 モーツァルトとそのライバルのサリエリとのことを描いた映画です。
 モーツァルトは明るい青年ですが,その甲高い笑い声がとても印象的で,映画館から出るときに妹と二人でその笑い声をまねするほどでした。

 モーツァルトの妻のコンスタンツェ役のエリザベス・ベリッジを最初に見たとき,日本の女優の宮崎美子にすごく似ていると思いました。
 だいぶ経ってからのテレビ放映の際,コンスタンツェ役を宮崎美子さんが吹き替えていたのにはびっくりしました。

 映画にはモーツァルトの作品がたくさん散りばめられています。
 物語の初めは一人の老人が自殺を図るところなのですが,そこでいきなり交響曲25番ト短調が始まるのが衝撃的な感じを誘います。
 その他印象的な曲は,モーツァルトの父が出てくるときの「ドン・ジョヴァンニ」のコード音です。父に対する思いが表れているような音です。
 
 ビデオが出るとすぐに買いました。でも,当時はビデオソフトはとても高く,上下2巻で1万円を超える代物。今なら三分の一程度の値段で変えますよね。

 さて,わたしはこの映画を何回も見たためにテープが傷んで途中で止まってしまうようになりました。
 それで夫が「アマデウス ディレクターズ・カット」(DVD)を見つけて手に入れてくれました。

 オリジナルが160分なのに対し,これは180分! オリジナルにないシーンがいくつかありました。「後宮からの誘拐」上演後の楽屋のシーン,コンスタンツェが夫の作品をサリエリのもとに持っていった日の夜のシーン(ここにはちょっとびっくり!),犬のいる家にレッスンに行くシーン,後にその家にお金の無心に行くシーン。大体こんなところだったでしょうか。

 内容としてはオリジナルで十分だと思います。でもやはりデジタルだときれいだし便利ですよね。
category : ドラマ・映画・本 | comments(2) | trackbacks(0)
ページトップ▲

スポンサーサイト

category : - | - | -
ページトップ▲
Entry: main  << >>
Comment
 ラムダさん,訪問ありがとうございます。

 「のだめカンタービレ」の主題歌のCDは,SUEMITSU&THE SUEMITHというアーティストの「Allegro Cantabile e.p.」というものです。その中で「別れの曲」にSUEMITSUこと末光篤さんがご自身で英語の歌詞をつけて歌っているのです。元気モードで歌ってる曲です。

 新しいものなので,ラムダさんの話に聞いたものはまた別なのかもしれませんね。
 わたしの両親は昔この曲が主題歌の映画を見たそうです。そのときの歌かなとも思います。
Posted by: ちょこママ |at: 2007/03/05 10:24 PM
 ちょこママさん、コメントありがとうございます。
 「アマデウス」は、去年の12月にテレビでまた放映され、モーツァルトが大好きなので、わたしもまた見ました。ひさしぶりなので、細かいところを忘れていましたが、最後の部分がとても切なかったです。
 「別れの曲」に歌詞がついているということは、聞いたことがありますが、歌はまだ聞いたことがありません。「のだめカンタービレ」のCDにはその曲が入っているんですか。
Posted by: ラムダ |at: 2007/03/04 9:20 PM








Trackback

アマデウス | 音楽日記〜働く主婦の子育て奮闘記サイトトップへ
音楽とのだめDVD
↑ ↑ ↑
のだめの人気を今すぐチェック!!

カテゴリー

最近の記事

RSSリーダーに登録

  • Subscribe with livedoor Reader
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google

リンク集

ブログ内を検索

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

Sponsored Links

Feed

本サイトプライバシーポリシー

無料ブログ作成サービス JUGEM