スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲

ブーニン〜ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団

 ブーニン〜ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団

ブーニンのコンサートに行ってきました!

 というのは,先日,近くのホールにワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団がやってきたのです。

 プログラムは ドヴォルザーク「スラヴ舞曲 ロ長調 op.72-1」
        ショパン「ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 op.11」
        チャイコフスキー「交響曲第6番 ロ短調『悲愴』op.74」
 そしてピアノはスタニスラフ・ブーニンだったのです。

 わたしはブーニンが19歳の時から知ってはいましたが,生で聴いたのは初めてです。

(同じ頃14歳で現れたキーシンというピアニストも話題になっていて,くらもちふさこの漫画「いつもポケットにショパン」のピアノを弾く少年きしんちゃん<季晋〜としくに>のモデルになってました)

 ブーニンはその頃わたしの住んでいた市のホールが結構お気に入りのようで,よく録音にいらしてました。でも,ほんとにレコーディングのためだけで,コンサート(リサイタルも)を開いたことはなかったのですが。

 今回のワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団のコンサートは…

 コンマスが女性。1曲目のスラヴ舞曲,指揮者のヴィットさんは楽譜なし。

 2曲目のショパンのコンチェルト。やや猫背で現れたブーニン。演奏のないときにはポケットからハンカチを出し,左手で眼鏡をはずして手や顔の汗を拭く。

 惜しむらくは予算がなかったためのB席。3階のためにせっかくのブーニンの手や顔がややかすんでしまうんですもの。

 3曲目の「悲愴」。3楽章の終わり方が景気よかったために「田舎だから危ないなあ…」というわたしの危惧が的中し,拍手をする人が結構いて…隣の席の小学生の男の子二人を連れた母親も手を顔の高さでパチパチと拍手していたし。ヴィットさんも4楽章を始めるタイミング取るの大変だったような気が。

 うちに帰ってその話をしたら,夫は「あの曲どこで終わったかわかんないんだよね」と。

 そうそう,うちの夫はあまり音楽わかんないけど,昔付き合ってた人がチャイコ好きだったからチャイコだけは結構聴いてわかってるみたい。

 とにかくこういうコンサートはちょっと久しぶりだったので,心が潤いましたわ。

category : クラシック | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

スポンサーサイト

category : - | - | -
ページトップ▲
Entry: main  << >>
Comment








Trackback

ブーニン〜ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団 | 音楽日記〜働く主婦の子育て奮闘記サイトトップへ
音楽とのだめDVD
↑ ↑ ↑
のだめの人気を今すぐチェック!!

カテゴリー

最近の記事

RSSリーダーに登録

  • Subscribe with livedoor Reader
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google

リンク集

ブログ内を検索

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

Sponsored Links

Feed

本サイトプライバシーポリシー

無料ブログ作成サービス JUGEM