スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲

野島伸司の脚本による月9ドラマ「薔薇のない花屋」

野島伸司の脚本による 久々のフジテレビ月9ドラマ「薔薇のない花屋」が,1月14日にスタートします。

 野島さんのドラマの多くは「切ない」内容に惹かれて見ていました。

 切ない系のドラマは……

 1993年「高校教師」(TBS)
 1994年「この世の果て」(フジ)
      「人間・失格?たとえばぼくが死んだら」(TBS)
 1995年「未成年」(TBS)
 1998年「聖者の行進」(TBS)
 1999年「リップスティック」(フジ)

 2003年「高校教師」(TBS)は野島伸司自身がリメイクしたものです。
  これは,成宮寛貴クンとか蒼井優チャンも出てたんですね。


 これらの中でわたしが好きなのは三上博史の出演していた「この世の果て」「リップスティック」です。

 因みに,全く関係ありませんが「この世の果て」というタイトルはわたしの思い出の曲「 The End of the World 」〜最近では日本でも藤田恵美(Le Couple)さんなんかもカヴァーしてます〜ともつながっててなんとなく胸がキュンとするような気持ちです。


 野島伸司さんのドラマ脚本デビューも実は三上博史さんだったのですよね。1988年の「君が嘘をついた」(フジ)。(これは見てなかったので残念!)


 野島伸司さんは作詞もしています。SMAPの「らいおんハート」がよく知られていますが,最近わたしの気を引いた歌手の, alanさんの「明日への讃歌」もそうです。
 alanさんは中国の歌手ですが,声がきれいでしかも音が自由自在に動くという感じの歌い方です。高音が民謡のコブシのように動いて響きます。

 次回は三上博史つながりで。



category : ドラマ・映画・本 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

スポンサーサイト

category : - | - | -
ページトップ▲
Entry: main  << >>
Comment








Trackback

野島伸司の脚本による月9ドラマ「薔薇のない花屋」 | 音楽日記〜働く主婦の子育て奮闘記サイトトップへ
音楽とのだめDVD
↑ ↑ ↑
のだめの人気を今すぐチェック!!

カテゴリー

最近の記事

RSSリーダーに登録

  • Subscribe with livedoor Reader
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google

リンク集

ブログ内を検索

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

Sponsored Links

Feed

本サイトプライバシーポリシー

無料ブログ作成サービス JUGEM