スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲

手紙

 玉山鉄二クンの出ている映画「手紙」をさっきまで見ていました。

 挿入歌が(といってもほとんどエンディング状態)小田和正さんの歌う「言葉にできない」だったので,今は頭の中で「言葉にできない」が鳴り響いてます。
 もともとはこの曲はオフコース時代の曲で,オフコースといえばわたしにとっては学生時代の思い出のアーティスト。この曲はひょっとしたら就職した年だったかもしれないけれど,切ない気持ちで聴いたり歌ったりしていました。

 最近,頭の中で鳴り響いた曲は……

 「願い」工藤慎太郎(玉山鉄二君が出ているユニクロのCM曲です。これが最近は一番多い)
 「ブルースカイブルー」西城秀樹(このブログの119ページで紹介してます。たまたま昨日ラジオでやってて感激しました)
 「Top of the World」(たまにはこんな曲も浮かんでくるもんです)

 この他にも数曲あるんだけど,気がつくと頭の中で何かの曲の鳴っていることが多いです。

 さて,「手紙」。これは原作が東野圭吾。

 わたしは東野圭吾の小説は「魔球」を皮切りに何冊か読みました。
「分身」,「虹を操る少年」,「レイクサイド」…

 初めて「魔球」を読んだときは,そのラストで背中に何かが走りました。それで,他の作品も読みたくなったのです。

 「手紙」はそんなミステリとはちょっと違った重い話。作風の幅広さを思わせます。

 玉山鉄二クンが生涯初の坊主頭になったというこの映画。ほとんどは手紙の語りでせりふが進められます。「血のつながり」について考えさせられるものがありました。

category : ドラマ・映画・本 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

スポンサーサイト

category : - | - | -
ページトップ▲
Entry: main  << >>
Comment








Trackback

手紙 | 音楽日記〜働く主婦の子育て奮闘記サイトトップへ
音楽とのだめDVD
↑ ↑ ↑
のだめの人気を今すぐチェック!!

カテゴリー

最近の記事

RSSリーダーに登録

  • Subscribe with livedoor Reader
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google

リンク集

ブログ内を検索

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

Sponsored Links

Feed

本サイトプライバシーポリシー

無料ブログ作成サービス JUGEM