スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲

水谷豊主演ドラマ「聖夜の逃亡者」

 わたしには,過去に放送されたドラマでとても好きなものがあります。

 そのナンバー1じゃないかと思えるくらいなのが,水谷豊主演の「聖夜の逃亡者」です。

 1994年12月24日,テレビ朝日の土曜ワイド劇場で放送されたもので,サブタイトルは「まだ見ぬわが 娘を救え!サンタになれない父の最後の 賭け…」。


 原作は仁木 悦子さんの "聖い夜の中で" (立風書房 刊)ですが,信本 敬子さんの脚本によって全く違う内容のものに生まれ変わっています。
監  督
吉川 一義

あらすじ
タクシーの運転手をしていた岩野辰雄(水谷 豊)は誤って人を死なせてしまった為, 妊娠中の妻の恵理(かとうかずこ)と離婚して服役した。 恵理はその後菱川と再婚し, 岩野との間に出来た娘のミチルは幼稚園に通っている。岩野は受刑中に誰かがミチルの誘拐を企んでいるという噂を耳にし, 出所の1週間前, 刑務官と外出したときに菱川家に電話をしてみるが,ミチルのことは確認できない。ミチルが無事なのかどうか気になった岩野は逃走する。ミチルを幼稚園に迎えに行った帰り, 恵理が襲われてミチルが誘拐される。刑事達は捜査を開始する。犯人の指示に従って婦警が金を持って車で移動するが, 結局, 犯人とは接触出来ずに終わってしまう。犯人は菱川の元秘書のタヌマ。一方, 岩野はミチルの様子を聞きにミチルの幼稚園の先生のかすみ(小松 千春)に会う。かすみのところには既に刑事の深井(井川 比佐志)が岩野の手配写真を持って訪ねてきており, かすみは岩野が手配中の人物だと気付くが, 岩野がミチルの実の父親だと悟り, 通報せずにミチルの様子を話して聞かせる。ミチルの家を訪ねたかすみはミチルが誘拐されたことを知り, かすみからそのことを知らされた岩野はかすみの車を乗捨てた後,トラックの運転手(天田)に頼んでトラックに乗せて貰ったりして, 独自にミチルの行方を追い始めた……。

 ラストで,サンタクロースの姿になった岩野が,ミチルをおんぶしているシーンでぼろぼろ泣いてしまった記憶があります。 名乗りたくても名乗れない父親,娘への愛情,それに対するミチルの無邪気なかわいさ……もう切なくてたまりませんでした。


 原作「聖い夜の中で」では,子供は男の子ひろむ。服役中の岩野は看守を襲い脱獄。しかし思ったより早い脱獄のニュースにおびえ,岩野は逃走途中サンタクロースの衣装で身を隠した。すると,サンタクロースの衣装に惹かれたひろむが岩野の足下にまとわりついてきた。岩野はひろむを人質にすることで逃走できると思い……

 原作とドラマとの共通点は,岩野がサンタクロースの扮装をするということぐらいではないかと思うのですが…。


 脚本の信本敬子さんのほかの作品には,「白線流し」などがあります。「逸見政孝物語 妻と子が明かす感動の新事実!!愛と涙の闘病300日全記録」なんかもよかったですよ。

category : 水谷豊 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

スポンサーサイト

category : - | - | -
ページトップ▲
Entry: main  << >>
Comment








Trackback

水谷豊主演ドラマ「聖夜の逃亡者」 | 音楽日記〜働く主婦の子育て奮闘記サイトトップへ
音楽とのだめDVD
↑ ↑ ↑
のだめの人気を今すぐチェック!!

カテゴリー

最近の記事

RSSリーダーに登録

  • Subscribe with livedoor Reader
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google

リンク集

ブログ内を検索

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

Sponsored Links

Feed

本サイトプライバシーポリシー

無料ブログ作成サービス JUGEM