スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲

スカーレット・メロディ〜緋色の旋律 / 二村英仁

 二村英仁というヴァイオリニストがいます。

 わたしはこの人のCD「音楽にできること」を持っています。

 なぜこのCDを買ったかというと…それは,TVの何かのCMで,彼が「ユネスコ平和芸術家」として出演し,演奏をしていたことに始まります。
 彼はその中で,バッツィーニ作曲の「妖精の踊り」という曲を演奏していました。その曲は,速いテンポで(ボウイングで)演奏していたかと思うと,フレーズの終わりではいつの間にかピツィカートになっている…そんな技術がその短いCMの間に出てくるので,曲の全容を知りたいと思ったのです。

 そしたらこのCDにはいっているほかの曲もなかなか魅力的。

 ファン・ツィという作曲家は知らなかったのですが,「バラへの3つの願い」(西村朗編曲)は素敵な曲でした。このCDでは唯一のストリングス伴奏。二村さんのヴァイオリンに対して伴奏のヴァイオリンが醸し出す倚音が心地いい。

 ラフマニノフの「ヴォカリーズ」は20〜30年前くらい?にNHK‐FM「夜の停車駅」のテーマ曲として使われていたのを聴いたのが初めです。多分これはアルトだったような気がしています。ひょっとしたら何かとごっちゃになって勘違いしているのかもしれませんが。
 以来,いろいろな楽器や歌で聴きましたが,やはりこのときのイメージが強くて,アルトで歌われるのを聴きたいのです。
 でも,「夜の停車駅」バージョンの演奏には未だに巡り会えません。古いので,廃盤になっているのかもしれませんが…
 Deliusさんという方の書かれていたものを見ると,あの演奏はアンナ・モッフォということなのですが,アンナはソプラノ…でも,メゾゾプラノで歌ってたこともあるみたい。でも,わたしのアルトという記憶は一体………???やはり勘違い?

 バッハの「シャコンヌ」はこれもいろいろなヴァージョンがありますが,どれもいいです。わたしの中のお気に入りの1曲です。

 
 二村さんの,ここに挙げた「スカーレット・メロディ〜緋色の旋律 」も機会があったら聴いてみたいです。
category : クラシック | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

スポンサーサイト

category : - | - | -
ページトップ▲
Entry: main  << >>
Comment








Trackback

スカーレット・メロディ〜緋色の旋律 / 二村英仁 | 音楽日記〜働く主婦の子育て奮闘記サイトトップへ
音楽とのだめDVD
↑ ↑ ↑
のだめの人気を今すぐチェック!!

カテゴリー

最近の記事

RSSリーダーに登録

  • Subscribe with livedoor Reader
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google

リンク集

ブログ内を検索

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

Sponsored Links

Feed

本サイトプライバシーポリシー

無料ブログ作成サービス JUGEM