スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲

吹奏楽入門

 わたしが吹奏楽の道に入ったのは,中学1年のときでした。
 小学校6年のとき,1年上の先輩にクラリネットとフルートの二重奏を聞かせてもらったことがきっかけです。彼女たちは吹奏楽部に入ったといって演奏を聞かせてくれたのです。

 わたしは中学校に入ったら,部活は吹奏楽部にしようとちょっぴりだけど心に決めたのです。

 で,実際,中学生になりました。部活は,本当を言うと体操部とかテニス部とかにも興味がありました。でも,わたしの学校には二つともありませんでした。だから結局,吹奏楽部に決めました。(でも,なんと2年になったとき,体操部もテニス部もできたのです。そんなこっとってあるのー!?…でも,もしその二つが1年前にできていたら,わたしの人生変わってたかもしれないんですよね……。)

 ちょっとぐずぐずしていたせいか,もうクラリネットもフルートも空きがありませんでした。ホルンという楽器を見せられ,ちょっと好きになれそうにない先輩を紹介され,気乗りはしませんでしたが,とりあえず始めました。

 課題曲は「吹奏楽のための寓話」自由曲はドヴォの「新世界から:第4楽章」でした。
 なんといっても好きになれそうになれない先輩だったので,わたしはあまり言うことを聞かないかわいくない後輩だったかも〜イヒヒ

 コンクールの曲はまだいいんだけど,マーチなんかだとほとんどの動きがワンパターンでンタ,ンタ,ンタ,ンタ…っていう後打ちのリズムばっかり。つまんなーい。

 で,高校のときはトランペットに!やっぱり花形がいいもんね〜るんるんぴかぴか

 高校1年のときの課題曲は「ポップス描写曲 メインストリートで」(岩井直溥),この曲は結構好きでした。
 この年は,わたしの通っていた女子高はコンクール初出場,学生指揮にして上位大会出場拍手

 その大会に,秋田県立横手高校も出場していました。そこではその年の課題曲「即興曲」を作曲した後藤洋さんがオーボエを吹いている,ということを知っていたので,オーボエ奏者に注目していました。曲が終わると,指揮者が後ろを向くか向かないかのうちに颯爽と立ち上がり,背筋を伸ばして誇らしげに斜め上を見ていたような気がします。

 のちに吹奏楽界では知らない人のいない作曲家になるんですねー。

 あ,うかつだった。課題曲で年がばれる撃沈
category : 吹奏楽 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

スポンサーサイト

category : - | - | -
ページトップ▲
Entry: main  << >>
Comment








Trackback

吹奏楽入門 | 音楽日記〜働く主婦の子育て奮闘記サイトトップへ
音楽とのだめDVD
↑ ↑ ↑
のだめの人気を今すぐチェック!!

カテゴリー

最近の記事

RSSリーダーに登録

  • Subscribe with livedoor Reader
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google

リンク集

ブログ内を検索

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

Sponsored Links

Feed

本サイトプライバシーポリシー

無料ブログ作成サービス JUGEM