スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲

震災を経て

 震災を経て
 ずっと書いてませんでした。
 その間わたしの住んでいる土地は被災しました。
 わたしの家はなんとか津波に遭わずに済みましたが,知人の何人かは実際に家を流され,身内を亡くした人もいました。

 3月の地震,4月の地震で水が止まったり電気が止まったりして,普段当たり前と思っていることがどんなにありがたいかを知りました。家族がそろっていることの幸せを噛みしめました。
 
 実は震災前の2月,実の母を亡くしました。
 母はC型肝炎による肝硬変で,末期と診断されてから2年の間持ちこたえました。
 C型肝炎なんて,母が感染するとすれば考えられるのはわたしを産んだときの輸血ぐらい。そうしたら,わたしにも責任があるのかな…なんて考えたこともあったっけ。

 実家を出て離れた土地で暮らしているわたしは,実際は母の面倒は全部父に任せていました。
 父は娘のわたしに何も心配をかけぬようにとすべて一人で事を進めていました。亡くなったときも,葬儀屋の手配から写真の選定までわたしは何もすることがなかったくらい全て段取りが決められていました。
 末期と診断された母と二人で暮らし,いつ何が起こってもいいようにひっそりと覚悟を決めていた父の,その気丈さ。それを考えると何もしていなかったわたしのなんとふがいないこと…。

 母が亡くなり,葬儀を終え,初七日まで父と一緒に過ごしました。二人で生活するなんて,初めてのことでした。
 父は毎晩大好きなお酒を飲みながら,色々なことをわたしに話してくれました。母と結婚したいきさつや,父の実家のこと,ほんとにいろいろ話してくれました。
 親不孝な娘なのに,いつもわたしのことを大事に思っていてくれた父。その父が一人になってしまいました。
 妹家族は父のやや近くに住んでいるものの,父は母のいなくなった家で一人で暮らしていくのです。
 やっぱりなにもできないわたし。

 せめてこれからは毎日電話をして少しずつでも話をしようかと心に思った日々でした。


 震災を経て考えると,母がもし命を永らえていたとしたら,もっと大変だったのかもしれないと思います。
 父は以前に胃の全摘手術を受けていて,大分回復はしたものの体力はかなり弱い方で,体重も40キロ程度しかありません。母はそれよりも10キロ以上重かったのです。もし家で二人きりで震災を迎えていたとしたら,おびえる母を父一人ではどうしようもなかったことでしょう。もし入院中であっても,きっと大変だったと思います。

 父は震災の日はびっくりしてしばらくは車の中に避難していたそうです。母がいたとしたら…どうなっていたかわかりません。


 

category : 日記 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

浅田真央ちゃん,お疲れさま!!

 

 バンクーバーオリンピックの女子フィギュア,終わってしまいましたね。

 真央ちゃんのことは,ずっと応援していたのですが,やっぱりあのキム・ヨナ選手の演技の完成度を見ると仕方がないと思います。殆ど完璧ですもの。
 真央ちゃんはこの頃少し精彩を欠くというか…疲れなのでしょうか。

 ラフマニノフの前奏曲は,わたしもピアノで演奏したことがあって,とても好きです。真央ちゃんのフリーでこの曲が聞こえてきたので,なおさら頑張れという気持ちになったのですが……

 真央ちゃんのステップは,最近とてもいいと思います。今回も滑らかなステップにうっとりと見とれるくらいでした。

 でも,そのステップとラフマニノフがなんか合わないのです。違和感があるのです。こう思うのはわたしだけ?

 そしてもっと敗因があるとしたら…と,わたしなりに考えてみました。

 フィギュアの詳しいことは全然知りませんので,あくまでもわたしの主観です。

 真央ちゃんは少し前から,山田満知子コーチからタチアナ・タラソワコーチに替えました。タラソワコーチ。彼女は,真央ちゃんの上半身に動きを付けてくれました。あのステップも彼女の賜物かもしれません。
 でも,真央ちゃんにずっと付いていられなかったのでしょう?

 今日の新聞で見た,安藤美姫選手のコーチの一人,門奈裕子さんのことば。

 「そのまま専任コーチに」という話もあった。だが「彼女を背負うと思えばすべてを切って,世界中をついて歩くしかない。そういうわけにはいかなかった」

 コーチって,その選手のことを本気で育てたいと思ったら,そこまで考えますよね。

 だから,タラソワさんが真央ちゃんのことどれくらい大切に思ってたのかな…って,思わずにいられません。

 一方キム・ヨナはコーチ陣がとてもがっちりチームを組んで指導していたように思います。そうさせたキム・ヨナの魅力もあるのでしょうけれども。

 「山田満知子コーチの視点」というのが今日の新聞に載っていました。
 その中で,コーチがこんな風におっしゃっていました。
 
 大人の魅力という点は,タラソワさんによって引き出されていた。けれど,ダイナミックでパワフル,スピーディーで軽やかな,風が吹くようなスケーティングという方向でもっと進めていたら…,とも思う。

 田コーチだったら,真央ちゃんの持ち味をもっと出して,きれいでスピーディな仕上がりにしてくれていたんじゃないかと思えてなりません。

category : 日記 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

子供の頃からの念願だったウグイス嬢を体験!!

 子供の頃からの念願だったウグイス嬢を体験!!

 「1番 センター,松本」
 などという,野球のアナウンス。
 憧れました。

 わたしは小学校と高校でアナウンスをしていました。
 声にはちょっと自信があるし,アナウンス自体は結構好きなのです。でも,もちろんプロのアナウンサーにはなれるわけがないし(ちょっと憧れましたが)……

 野球は父がジャイアンツファンで,プロ野球中継をよく見ていました。ルールはその中で覚えていきました。高校野球も好きでよく見ていました。定岡とか,荒木大輔とか,箕島高校とか,池田高校とか,キャーキャー言いながら見ていたものでした。

 その中で当然耳にしていたのがウグイス嬢の声。
 
 やってみたい。

 そう思いながら,大人になり,全く機会のないままこの年になっていました。


 ところがところが!!

 今年中学校の野球と関わるチャンスができました。

 でも,大会のアナウンスはわたしなんかが関われる縁がない。それは,シード校に選ばれた学校の先生がやっているらしいのだけれど,「わたしのほうが絶対うまくできる!」と,意味のない闘志だけが燃えてくる。

 チャンスが訪れたのは,保護者会主催の「3年生を送る会」。

 わたしがお願いしたら,二つ返事でやらせてもらえました!
 実は皆あまりやりたがらないとのこと。

 そして…
 「1番 ショート 海野君」

 ついにやりました!!
 念願のウグイス嬢!!!!!!!!

 幸せ。

category : 日記 | comments(2) | trackbacks(0)
ページトップ▲

BGM公害

 わたしの職場で,一番偉い人がBGMをかけようという提案をしました。

 わたしは反対をしました。職場にBGMはいりません。特に音楽の好きなわたしは「聴いてしまう」のです。仕事に集中できません。うちの職場のBOSSはきっと音楽がよくわからないのです。

 しょうもないわたしの意見などはスルーされ,BGMが始まってしまいました。

 初め,モーツァルトとかベートーヴェンとかの名曲がかかりました。さすがにそれはわたしでない人も聴いてしまうということで却下され,かからなくなりましたが,今度はヒーリング系の曲が流されるようになりました。

 聴いたことのない曲だったので,初めは気をとられずにすんでいたのですが,だんだん頭の中でメロディーを歌うようになってくるとおしまいです。もう歌っています。

 先日,どうしても集中できなかったので,音楽を止めに行こうとしました。その途中でBOSSに会ったので,一応断ってからと思い,「集中できないので止めます」と言いました。そしたらどんな答えが返ってきたかと言うと……

 「このくらいで集中できない?」

 集中できないって言ってるでしょうが!!!!

 ま,その場は逃げましたけれど,あとでこっそり消しました。


 職場にBGMをかけることにどんな意味があるのでしょうか?
 心に安らぎ?
 わたしは音楽好きですが音楽を強制される覚えはありません。何かをする時には音のないところで集中したいです。音楽は聴きたいときに聴きたいものを聴きたいです。

 音のない時間があるから,音楽の美しさがわかるのです。


category : 日記 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

大腸検診をしてきました

大腸検診って,いったいどんなものなのか…わたしは全く知りませんでした。

 わたしの職場では,定期的に検診をさせてくれます。年齢によってドックだったり,器官別だったり。婦人科は毎年やっているような気がします。
 今年は器官別だったのですが,今までしたことのない大腸検診を選んでみました。

 ちょっと怖くもあったのですが,一度見てもらって何も以上がなければ安心かな,なんて思って。
 でも,胃のバリウム検査はしたことがありますが,大腸のバリウムって一体……!?

 おなかが痛くなるのかなあ…それにしたって,肛門から異物を入れるって考えただけでもぞっとする……でも,自分から希望したのだからやるしかないよね。

 検査前日から普通の食事が取れなくなり,検査食のみ。
 朝は白粥と具なしの味噌汁。昼は卵粥とやはり具なしの味噌汁。朝とは微妙に味が違う。おかゆは見た目よりはしっかり味がついてて意外と美味しかったけど。
 3時にクラッカー&チョコクリーム,オレンジ味のドリンク,5時に夕食のコーンポタージュ。食事は以上で終了。7時に下剤を飲む。150mlの水に相当な量の粉を溶いて,それを30分かけて飲めという…。

 仕事の区切れが悪かったり来客もあったりで3時のおやつが4時半頃になって,なかなかうまくいかなかったっけ。職場には7時半頃までいたので,デスクで仕事しながら下剤を飲んで。

 家に帰ってから……

 ああ,デトしてるんだなあって実感。

 当日の朝,最後の仕上げの座薬。

 10時に病院入り。

 お尻に穴の開いたパンツをはかされて,肩に注射して,台にあがったら,バリウム入れられて,そのあと空気まで入れられて…空気を入れるときがちょっと気持ち悪かったよ……撃沈

 台の上では何度もぐるぐる回らされて,肘をちょっと擦りむいたかも…。

 でも,考えてたよりも痛くはなかったのでまあ,耐えられたかな。いい気分じゃなかったけど。
category : 日記 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

大野病院医療事故 医師に無罪判決


 福島県大野町の県立大野病院で,2004年に帝王切開で出産した女性が死亡したことで起訴されていた産婦人科の医師に,今日判決が下されました。

 判決は「無罪」。

 これを聞いて安心しました。

 もし有罪になってしまったらどうなるのでしょう。

 もともとお産というものは,大変リスクの高いものだと思います。現在の医療は研究が進んでいて,そのリスクの高さが忘れられているのです。もしこれが有罪だとしたら,医師はリスクの高い仕事は避け,現在不足がちの産婦人科医はますます減少してしまうでしょう。


 これに関して,Yahoo!ニュースでは,このようなことも言ってます。


 ◇関係者から「妥当な判断」「教訓学び再発防止を」の声

 今回の無罪判決に、関係者からは「妥当だ」「事故の教訓を生かして」など、さまざまな声が上がった。

 日本産科婦人科学会の調査によると、妊娠・出産に伴って命にかかわる緊急治療を必要とする女性は250人に1人と推計されている。調査を担当した国立成育医療センターの久保隆彦・産科医長は「一般に妊娠・出産は危険な行為であるということが知られていないが、産科医は数多くの危険な妊婦を助けてきた。有罪になれば、こうした妊婦を対象にした医療行為が否定され、産科医療の崩壊に拍車をかけるところだった。今回の判決は極めて妥当な判断だ。これ以上の産科医減少、産科医療の崩壊を招かないために、検察は控訴すべきではない」と語った。

 加藤医師の支援活動をしてきた上昌広・東大医科学研究所特任准教授は「今回のような医療事故を法廷で真相究明することの限界が明らかになった。当時の医療体制の根本的な議論がないまま、医師の過失の有無だけの争いとなっていた。これを機に医療事故における業務上過失致死罪の適用について国民的な議論が必要。司法関係者も、医療事故に刑法を適用することの是非をもっと議論すべきだ」と話した。


 今は,まともに生まれて当たり前,と思いすぎではないでしょうか。
 
 わたしは3人子供がいますが,3人目を妊娠して生まれる頃は,「『慣れ』からの安心」よりも「『確率的に異常のある子が生まれてきてもおかしくない』との思いからの不安」でいっぱいになりました。
 幸い異常はなく,まともに生まれてきたことに大変感謝したものです。

 加藤医師は患者さんを助けるために精一杯のことをしたはずです。
 娘さんをなくされた方は,どこかにぶつけたかった悲しみを,怒りに変えて医師に向けてしまったのでしょうね。本当にお気の毒だと思います。
category : 日記 | comments(0) | trackbacks(1)
ページトップ▲

浴衣を縫いました

 この歳にして,初めて浴衣を縫いました。

 黒地に紫陽花の模様です。花の色は濃淡のピンク,そこに紫色の線がすっすっと入っているのです。

 こういうかわいい柄なので,もちろん年増のわたし用ではありません。中3の娘のためです。

 反物の生地に型紙を当て,(こういうのって自分が中学生や高校生だったころの家庭科以来だわ…)裁断,しつけ,ミシン縫い……

 ミシンも一体どれくらいぶりかしら,ってくらい。

 20時間くらいかかったかもしれない。

 今日は8月7日。娘は市内の花火大会と盆踊りに1日と2日に連チャンで出かけました。わたしは娘を送っていったのですが,友達には浴衣姿の子もいました。
 
 今思えば,このお祭りに間に合うように縫ってあげればよかったんだろうけど……諸事情により不可能でした。

 そして,ついに今日!!!完成したのです。

 わたしにしては意外とよくできたと思うのだけど。

 ちょっと残念だったのは,襟の模様の出方。
 型紙を当てるとき,襟の表になるほうがどちらかとか全く意識していなかったので,襟の表にあまり模様がなく,裏のほうに模様が出てしまいました。

 やっぱり初めてだといろいろなことがわからないものです。
 どこがどうなるとか,どの縫い方にどんな意味があるのか,一度やってみるとわかるのに。

 
 次は頑張るぞ!!といっても,多分次はないと思うのよね。


 さて,娘に「これ縫ってあげたよ!!」と得意になって見せたら,あまり感激してなかったみたい。「何のために?」とか言われちゃったりして。

 タイミングはずしちゃったからかな………
category : 日記 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

母としての…受験日記

 いつの間にか,桜が満開です。

 最近のラジオでは,桜ソングがたくさん流れていて,「あ,またこの曲がかかっている…なんてこともしばしばありました。


 そういえば,息子の高校の入学式のときも,桜がとてもすばらしく咲いていた記憶があります。もうあれから3年経って,高校も卒業してしまいました。




 さて,もう1か月も前のことになりますが,息子の大学受験に付き添って行ってきました。

 二泊のホテル住まいは,主婦にとってはちょっとした安らぎでもありましたが,受験に臨む息子の前ではやはり気は遣いましたね…。息子からはそうは見えなかったかもしれませんが。

 受験したのは県内のとある公立大学。
 
 センター試験では,「失敗した」科目が2つもあって目標点数にずいぶん足りなかったため,足切りにひっかかるのではとの心配がまずあったのですが……。

 でも,なんとか2次試験を受けさせてもらえることになりました。

 とはいうものの,倍率の高さとセンターの失敗から,まず今年の合格の可能性は非常に低い,というのが我々の予想。逆に気楽に行ってこれたかもしれません。

 結果は予想通り。


 ……………


 予想はしていても,やはり一縷の望みはあったので,結果がはっきり出てしまうとちょっぴりショックでした。


 そして,1年間は自宅から通える予備校に行くことになったのです。
 うん,これをいい経験にしてもらおう。
category : 日記 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

ウィーン少年合唱団のはずが…ラジオ混線!?

 受験を間近に控えた息子は,秋ごろからずっと朝の課外を7時25分から受けています。
 普段はバス通学なのですが,田舎のためにバスの本数が少なく,これに間に合うためにはいつもより40分早く出なければなりません。
 たまたまわたしは同じ方向に通勤しているのですが,わたしの車に乗れば課外を受けないときとほぼ同じ時刻に出て間に合います。

 しかし今日はわたしは午後から出ればいいのでどうしようか悩みました。

 40分早いバスに乗せるためには息子も40分早く起きねばならない…わたしもそれに間に合わせるように弁当とご飯の支度をしなくてはならない…そう考えたら,学校まで送って行ったほうが楽だよね〜。

 そして30分かかる学校へ。

 (うーん,せっかくの休みなのにいつもの出勤と同じじゃん…でも,受験生の息子のためだ)

 いつもは息子をおろしてUターンの必要もなく勤務地に向かうのだけれど,今日はそこでUターン。

 帰りはNHK−FMのミュージックプラザの再放送が始まる。
 おお,これは昨日の午後も途中だけ少し聴いたウィーン少年合唱団だ!!

 一曲目ははベンジャミン・ブリトゥンの「キャロルの祭典」だったんだ。
 この曲は高校〜大学時代に聴いた曲。
 うちの妹は高校で合唱部に入っていて,この曲を歌っていた…たぶん。

 そういえば妹は合唱部の先生に「声楽でメシ食っていく気はないか」などと言われてたっけ。
 結局音大には行かず出たのは地元の教育学部の音楽科で…今は専業主婦の妹。いろいろあったっけ。

 そんなことも思い出したりして。


 そんなとき!!いきなり電波の荒れる音で合唱が邪魔される。
 聞こえてきたのは男の人の会話??
 そんなばかな。

 会話がはっきりと聞こえてきて,そのなかに「ニッポン放送」なんて声も聞こえる。
 なんと,FMなのにニッポン放送が混線!!??
 たまに合唱がフラッシュ的に入り込んでくる。でも主に聞こえる音は会話。
 ゲストにおぎやはぎ登場??

 バイパスを降りる頃ちょうどNHK−FMが戻ってきました。
 昨日ちょうど聴いていたレハールの「金と銀」あたりでした。


 それにしても不思議。
 Eスポでも来てたのかしら。

 (なんて,いきなり無線の用語が出てきたりして。もうとっくにコールサインを消失しているわたし。)
category : 日記 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

こころのBGM:オフコース

 この頃,朝がとても寒いです。

 今朝も,お布団からなかなか出たくなかったし。

 うちは,前近代的な(?)石油ストーブで,しかも芯が減って火力が弱く,火をつけてからしばら〜くしないと暖まりません。30分は必要です。
 パパがトイレに起きたとき,ちょうどいい時間だとつけておいてくれるのですが,今朝はついていませんでした……。

 でもわたしには秘密兵器があるのです。
 狭い洗面所にセラミックヒーターを置き,そこで朝の身支度関連はすべてやってしまいます。

 まず洗顔。そのあと,ちょっと寒いけど台所に行って息子の弁当つくり。息子を呼んで朝食を食べさせると,洗面所に戻って着替え,化粧。その頃は程よく暖まって気持ちイイ。

 洗濯物を干したら朝食。この辺はなんとか時間を調整,出勤時間に間に合わせるのです。

 今日はちょっと余裕があったので,歯磨きしている間に心の中でBGMが流れてました。
 その曲,オフコースの「Yes No」。(わたしが学生時代の曲だわ)「君を抱いていいのー」…って。

 心のBGMは,何の脈絡もなく鳴ってきます。このときも何故「Yes No」だったのかわからないけれど……。


 それにしても学生だったあの頃,オフコースの曲ってなんかブームでした。小田さんの高めの声で歌われる切ない歌の数々。「愛を止めないで」「YES-YES-YES」「君が、嘘を、ついた」「言葉にできない」そして「さよなら」……。

 
category : 日記 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
Page: 1/2   >>
日記 | 音楽日記〜働く主婦の子育て奮闘記サイトトップへ
音楽とのだめDVD
↑ ↑ ↑
のだめの人気を今すぐチェック!!

カテゴリー

最近の記事

RSSリーダーに登録

  • Subscribe with livedoor Reader
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google

リンク集

ブログ内を検索

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

Sponsored Links

Feed

本サイトプライバシーポリシー

無料ブログ作成サービス JUGEM