スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲

PL学園の悲劇〜AED

 1日午後2時半ごろ、大阪府富田林市新堂のPL学園野球グラウンドで、中学3年で 軟式野球部員の男子生徒(15)が硬球を捕球しようとして胸付近に当たり,死亡した。生徒は送球練習の際、二塁付近で守備についていたのだが,三塁付近から高校1年の部員が投げた硬球を捕ろうとした際、球が胸付近を直撃したという。心臓しんとうだとか。近くにAEDは設置されていなかったという。


 先日,救急救命の講習を受けました。そこでは,心臓マッサージと人工呼吸,それとAED(自動体外式除細動器)の取り扱い方を学びました。
 そのとき,講師だった救急救命士の方が言った言葉がありました。
 それは…………3年前の夏,わたしの知っている子が高校生のとき,野球の練習試合中にピッチャー返しを受けて亡くなりました。「その子もAEDがあったら助かっていたかもしれないんですよ」ということ。

 その子はとてもいい子で,地元の新聞では,「あまりにいい子だから神様が連れて行った」みたいな見出しで記事も書かれたほど。ピアノも弾きました。特別うまいわけではなかったけれど,素直な音を出すピアノでした。

 彼が打球を受けて危険な状態だということは,友達からのメールで知りました。その時わたしは,地元の花火大会の場所でボランティアの飲み物販売をしていて,離れられなかったのですが…。

 彼が亡くなったときは誰もが悲しみました。なぜ,と思わない人はいなかったでしょう。
 
 そして先日の救命士さんの「AEDがあったなら…」という言葉を聞いて,なおさら「なぜ!!」という気持ちが強まりました。

 PL学園の中学生の場合も,同じようにみんな悲しんだのでしょうね。
category : PL学園 AED | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
Page: 1/1   
PL学園 AED | 音楽日記〜働く主婦の子育て奮闘記サイトトップへ
音楽とのだめDVD
↑ ↑ ↑
のだめの人気を今すぐチェック!!

カテゴリー

最近の記事

RSSリーダーに登録

  • Subscribe with livedoor Reader
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google

リンク集

ブログ内を検索

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

Sponsored Links

Feed

本サイトプライバシーポリシー

無料ブログ作成サービス JUGEM